中折れ 原因 対策

中折れを原因対策の情報はこのサイトでチェックしましょう。
MENU

ホルモンバランスが勃起に与える影響とは

男性器が勃起をするために重要な役割を担っているのは、テストステロンという
男性ホルモンのバランスです。

 

男性器は勃起をしなければ男性器の大きな意味を失ってしまうことに
なりかねませんが、このテストステロンのバランスが崩れることによって、
更年期障害が男性にも起こることがあります。

 

今回は、このような原因での更年期障害の発生の仕組みと、勃起とホルモンが
どう関係しているのかを見ていきたいと思います。

 

 

テストステロンについて

テストステロンには、男性器の血管を健やかに保つために、血管を拡げて
血の巡りを高める作用のある一酸化窒素を作り出すという大きな働きがあります。

 

また、男性が持つ野心や争う心もテストステロンからくるものであり、
ヒゲや体の毛を濃くしたり、男性らしい筋骨隆々とした体を作り上げたりするのもテストステロンの役割です。

 

 

テストステロンが勃起には重要

上記のように、テストステロンが、70以上もの種類があるホルモンの中で
男性が男性らしくあるための働きをします。

 

そもそもホルモンとは、体の調子や、内臓の働きを常に変わりなく維持し、
身体の外的、内的の状況がどうあっても、滞りなく働くようにする化学物質で、
作られるのは人間の体の細胞内です。

 

 

男性にも更年期障害は発生する

更年期障害は女性だけのものだと思っている方もいるかもしれません。
しかし、男性も、ホルモンの均衡が崩れ、テストステロンが減ってしまうと、更年期障害の発生に繋がるのです。
年を取るにつれてどんどん減っていってしまうテストステロンのピークは、やはり20代のはじめの若い頃です。

 

加齢に加えて、ストレスフルな職場の環境や、そのストレスの解消をしないまま生活を送っていると、
更年期障害をひどくさせる可能性があります。ストレスによって
脳が自然とひとりでにホルモンを出すのをストップさせてしまい、
テストステロンの減少を生み出すことが原因です。

 

 

更年期障害が男性に起こるとどうなるか

更年期障害の女性には、不眠や体がほてるといった体の変化が現れますが、
これは男性の更年期障害にも同じです。他には、疲れ、集中しにくくなる、

 

鬱状態になるといった変化も現れます。そしてさらには性的なものへの興味の薄れ、
ED(勃起不全)の発生などを起こすのです。

 

男性にとっても更年期障害が体に起こす変化はつらいものです。
病院で専門医に、鬱状態から抜け出せない、性的なものへの興味の薄れがひどい、
といった相談をすることも、更年期障害から抜け出すのには重要な判断と言えます。
エクラシャルムの口コミ

 

このページの先頭へ