中折れ 原因 対策

中折れを原因対策の情報はこのサイトでチェックしましょう。
MENU

毎日朝立ちしないとダメなのか?

朝立ちは「健康状態が良い」というサインではありますが、
朝立ちが起きないからといって、必ずしも不健康というわけではありません。
では睡眠中に勃起しているか否かを、自力でチェックする手段はあるのでしょうか?

 

 

朝立ちは寝ている間に繰り返される

朝起床したら勃起しているというのが、朝立ちという現象ですが、実際には朝のみならず、
睡眠中にも、勃起状態は度々起こっています。

 

これが夜間陰茎勃起現象なのですが、健康な人でも朝立ちという形では、2〜4割ほどしか現れません。
よって平均を取ると朝立ちは、3〜5日に1回程度の現象という事になるのです。

 

さらに睡眠中は、ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルが起きており、
勃起は睡眠が浅いレム睡眠の際に起こります。

 

睡眠が浅い時に起床して、そのタイミングが朝なので、朝立ちという結果になるのです。
しかし、起床前に勃起が収まっていたり、
ノンレム睡眠時に、無理に起きたりした場合には、朝立ちは発生しません。

 

 

朝立ちを自力でチェックする方法

寝ている間に、勃起が起きているか否かチェックできる「スタンプ法」という手段があります。

 

縦に5枚程度つながった切手を、濡らさずに陰茎に巻いて、片方の端を濡らして、陰茎に軽く固定します。
これは下着を付けたままでも可能です。
翌朝に切手が切断されていれば、睡眠中に勃起が起きていたといえるのです。

 

なお、市販品に「ジェクスメーター」というアイテムもありますが、
何にせよ、最低3日間は続けてチェックしなければ意味を成しません。

 

ちなみに、切手が切断されていた理由は、睡眠中に陰茎が大きくなり、
切れやすい切手のミシン目が、自身を広げる力に耐えられなくなるからです。デリケートゾーン

 

このページの先頭へ