中折れ 原因 対策

中折れを原因対策の情報はこのサイトでチェックしましょう。
MENU

強い刺激のオナニーが中折れの要因になることも

男性の場合、陰茎を手のひらで握って上下させるオナニーが、普通です。
このとき強く握った方が快感が大きくなるため、力を込めがちになります。

 

オナニー時の平均握力は4キロ前後だそうですが、
性行為時に中折れするような方は、軒並み10キロオーバーの握力で、オナニーしているそうです。
陰茎を握る力が10キロというのは、女性の握力に匹敵しますから、並大抵の力ではありません。

 

 

床オナニーは避けた方がいい

近頃人気なのは、床オナニーです。
これは、布団や床にうつ伏せになり、陰茎をこするオナニーの事を指します。

 

体重が乗るため計り知れない快感がありますが、陰茎への負担は相当なものです。
手で上下させるのと同じく、陰茎には10キロを優に超える負荷がかかるでしょう。

 

しかし女性の膣内の圧力は、僅か4キロ前後です。
ですから、10キロにも及ぶ圧力に馴染んでしまっている陰茎は、
挿入した際に刺激が物足りず、中折れを起こします。
精神的には興奮しても、身体的な刺激が足りないので、勃起が続かないのです。

 

 

オナホールやコンドームを使う

オナホールは普通には出回っていませんが、通信販売などでは購入可能です。
圧力の小さいオナホールを用いれば、小さい圧力のオナニーが容易に実践できます。

 

オナホールも避けて、コンドーム内にローションを注入し、
陰茎にかぶせてオナニーすると、女性の膣内に類似した感触を味わえます。
これはマスコンドーム法と名付けられており、医学的にも効果が証明されています。

 

 

オナニーが要因の中折れを治すには時間が必要

これらの手段で、中折れを改善に導くには、時間を要すると考えて下さい。
強い刺激に馴染んでいた陰茎は、すぐには小さな刺激のオナニーに馴染まないのです。
通常の性行為で中折れが発生しなくなるまでには、地道な努力が必要です。
顎 ニキビ 治らない

 

このページの先頭へ