中折れ 原因 対策

中折れを原因対策の情報はこのサイトでチェックしましょう。
MENU

勃起不全に関して

陰茎が大きく硬くなるのが勃起ですが、勃起不全の方はこのような状態になりません。

 

勃起不全には他にも種類があり「太くなったり長くなったりはするが、硬くならない」
「今まで勃起していたのに急に勃起しなくなった」「性行為中に中折れする」
なども、勃起不全の内に含まれます。

 

勃起不全に関する医学上の定義

勃起不全に関する医学上の定義を述べていきます。
「性行為中に満足に勃起しない」または「勃起維持力が低く挿入まで至れない状態」を指します。

 

普通ならば性的興奮または刺激が、脳から陰茎に伝達し、陰茎の「海綿体」
と呼ばれる組織の血管が広がり、そこが充血して陰茎が大きく硬くなります。
しかし何かの原因で血液が陰茎に満足に送られないため、勃起不全となるのです。

 

勃起不全の種別

年代別に見ると40代男性の5人に1人、50代男性の5人に2人、60代男性の5人に3人程度が
勃起不全であり、勃起不全の方は、日本中に1000万人以上存在しています。
年代が上の方が勃起不全率が上昇し、大概の人は年齢のせいにしますが、
実は勃起不全の要因は、主に4つに大別されます。

 

勃起不全の要因@:精神面からくる勃起不全

ストレス、疲労、不安、緊張、その他の重圧等も勃起不全の要因として挙げられます。
心の問題でも勃起不全が起きる、という事実を意外だと感じる人も多いようですね。
極端な例ですが「明日までにお金を返さないといけない!」
などと焦っているときは、勃起などしませんよね。

 

勃起不全の要因A:身体面からくる勃起不全

これは、腎不全、糖尿病、高血圧などが要因の勃起不全の事を指します。
男性ホルモンの激しい減少、または老化などからくる勃起不全もこの中に入ります。
病気自体が勃起不全という形で具現化するため、自覚症状を覚える事はありません。

 

勃起不全の要因B:混在型の勃起不全

@の精神面、Aの身体面の二重苦が要因で発生してしまう勃起不全の事です。

 

勃起不全の要因C:@〜B以外の原因からくる勃起不全

これは副作用が要因の、勃起不全の事を指します。
薬の一例としては、高血圧症のための降圧剤、向精神薬、抗鬱薬などがあります。

 

何にせよ、放置は禁物です。確実に医療機関に出向き、医師の判断を仰ぎましょう。

このページの先頭へ